特集

今週のALL WAY BASIC 2020/4/29

ALL WAY BASICの「おにぎり」

身近な存在の「おにぎり」

遠足や運動会のお弁当の中に入っているおにぎりは、愛情も一緒ににぎられているような気がして、おいしい気がしませんか?お母さんが握ってくれたり、コンビニで一度は購入したことがあったり、日本人とって身近な存在であるおにぎり。今回はそんなおにぎりの新商品、「しょうが昆布」「高菜」「梅しそ」をご紹介します。

これからの季節にぴったりの具材

夏になるとさっぱりしたものが食べたくなりませんか?夏だからこそ、おいしくおにぎりを食べることができる具材の組合せは何なのか?検討に検討を重ねて開発されたのが、今回のおにぎりです。素材単品のおにぎりではなく、互いの食材のよさを引き出す相性のよい組合せになっています。

「しょうが昆布」おにぎりは、そうめんや冷奴の薬味として使われる「しょうが」とおにぎりの定番の「昆布」を組合せました。しょうがと昆布のもつ香りもあわせておいしく食べることができます。

※しょうが昆布のおにぎり

「高菜」おにぎりは、ゴマ油を加え、夏らしくピリッとくる味に仕上げました。

※高菜のおにぎり

「梅しそ」おにぎりは、夏でもさっぱり食べやすい梅にしそを一緒に混ぜ込みました。

※梅しそのおにぎり

ご飯のおいしさも引き出すために

「おにぎり」のメインはやっぱりごはん。ごはんは東北のお米を使っています。そのお米のおいしさを引き出すために、具材の味付けの濃さを調整しなおし、試食を重ねてごはんと具材の最適バランスを導きだしました。

これからも続くおいしさの追求

東北のブランドだからこそ、東北のお客さまに提供できるものがあります。ALLWAYBASIC おにぎりシリーズは、これからも新たな具材をご提供し続けていきます。薬王堂にいらした際には、ぜひALLWAYBASIC おにぎりシリーズを宜しくお願いします。

この記事のおすすめ商品


しょうが昆布


高菜


梅しそ