特集

暑い季節の寝る前習慣

7月になり、暑くて寝苦しい夜の影響で睡眠の質が落ちている方も多いのではないでしょうか。睡眠の質の低さは、昼間の活動へも影響します。暑さに邪魔されず、快適に眠るための習慣を見直してみましょう。

まずはお風呂に浸かろう

夏だと暑いのでお湯につからずシャワーだけで済ます方もいらっしゃると思いますが、少しでも湯舟に使って疲れを癒やしてはいかがでしょうか。湯舟につかることで、体もリラックスし質の良い睡眠につながります。
そこでおすすめなのが、入浴剤「くつろぎ温浴」です。

 

一日の疲れを癒やす入浴剤で、ミントの香りが、心身ともにリラックスさせてくれます。また、保湿成分として「植物エキス」「ミルクプロテイン」「スクワランコラーゲン」が配合されており、ミルキーなお湯が、冷房で乾燥した肌をしっとりと包み込んでくれます。

※便利な計量スプーン付き

※さわやかな香りが湯舟いっぱいにひろがります

就寝時にはアイス枕でひんやり

温まった体を上手にゆっくりと冷やすことによって、深い眠りにつながりやすくなると言われています。
「冷たさ長持ちWアイスまくら」は、フリーザーで冷やすアイス枕で、冷たさを長く保つため保冷ジェルを2重構造にしています。

※冷たさ長持ちWアイスまくら

※柔らかジェルと凍結ジェルの2重構造

体に当てる上の部分はやわらかく心地よい冷感を与えてくれ、下の部分は凍結し、冷たさを長く保ってくれます。2重構造のジェル袋は起毛カバー内に入れて冷やしても結露が少なく、水滴はほとんど付かず、とても安心です。

また、繰り返し使用でき、必要時にいつでも心地よい冷感を得ることができます。発熱時や、熱中症対策にも使用できますね。

夏の夜を乗り切ろう

今年は、暑い夏になるとの予報が出ています。暑さからくる疲れやストレスを防ぐには、やはりぐっすり眠ること。今年は、そんな寝る前の習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

この記事のおすすめ商品


くつろぎ温浴


冷たさ長持ちWアイスまくら