特集

忙しい時の食事の準備

毎日の食事を用意するのは大変ですね。ALL WAY BASICでは少しでも家事を楽に、という想いが常々あります。食事も時には手を抜いてみませんか?今回は簡単に調理できる冷凍食品、肉野菜炒め4品と、レンジで使える容器をご紹介いたします。

肉野菜炒めシリーズ

事前に下ごしらえされた豚肉と野菜がセットされており、解凍後、フライパンで炒めるだけの簡単便利な冷凍食品があります。もちろん他に材料を用意したり、特別な調理をする必要もありません。

商品ラインアップは、4つ。
①夏野菜の代表であるナスと豚肉を合わせ、仙台みそで味付けをした「豚とナスのみそ炒め」
②ニンニクの芽、ごぼうなどの野菜と豚肉を合わせ、淡路島の藻塩で味付けした「豚ときんぴら野菜の塩炒め」
③お馴染みの中華の定番で、オイスター仕立ての「豚とピーマンの青椒肉絲」
④豚肉といえばこれ!きざみしょうがと合わせた「豚ロースのしょうが焼き」

いずれも、豚肉と野菜のバランスや食材の組み合わせでよさを引き出しあい、おかずとして便利な品々です。

オススメな調理方法は、解凍後フライパンで数分炒める方法で、とても香ばしく仕上がります。でも時には、火を使うことすら大変!という時もありますよね。そんな時には解凍後お皿などに移して電子レンジ加熱で調理することもできます。

おいしく加熱

電子レンジでの調理の場合、レンジ対応のお皿などに移していただくことが必要です。そこで使っていただきたいのが、「電子レンジ使えるフードコンテナ」です。

※電子レンジ使えるフードコンテナ

フタに弁がついていて、この弁を開ければフタを取らずにレンジで加熱ができます。これにより、過度な水分蒸発を防ぎ、お料理の再加熱も味を損なわずおいしくできるのです。
上で紹介した肉野菜炒めをレンジ調理するときは、冷蔵庫などで解凍した商品をこの容器に移し、フタをして弁をあけてレンジで6分です。

もちろん作りすぎた食材を保存したり、作り置きにも大活躍。おいしく再加熱できたら嬉しいですよね。
容量メモリもついているので、1回作ったおかずを均等に3等分したい場合なども使いやすさ抜群。サイズも3種類ありますので、用途に合わせてくださいね。

これからの暑くなるシーズンは火を使わずに調理できるのもオススメです。これらを使って夏の暑い台所時間を短縮してみてはいかがでしょうか。

※しょうが焼きはレンジ調理ですと風味が落ちるため、ぜひフライパン調理していただきたい商品です。レンジ調理の方法はパッケージに記載がありません。

この記事のおすすめ商品


豚とナスのみそ炒め


豚ときんぴら野菜の塩炒め


豚とピーマンの青椒肉絲


豚ロースのしょうが焼き